So-net無料ブログ作成
検索選択

硬派・・・っぽい<Dell Latitude L400>

2005年3月の話です。

土曜出勤の前にアキバに行き、フラッと立ち寄ったJunk店にて発見しました。
Dell Latitude L400です。

主な仕様は以下のとおり。
CPU:Mobile Pentium3 700MHz(Intel SpeedStepテクノロジ対応)
液晶:12.1インチTFT(XGA)
詳細は以下のとおり。
http://support.jp.dell.com/docs/systems/latl400/ja/ug/specs.htm

外観もそんなにひどくなく、中もキレイHDDやメモリはありませんが、LAN・Modem
内蔵で液晶はXGA、筐体はコンパクトときたら、もう「買い」でしょう。
本体は15,000円、外付けFDDがケーブルつきで980円でした。
矢印キー近辺に、砂糖入りのコーヒーをこぼした形跡があって、キーの動きが悪かっ
たのですが、洗浄すれば復活するかな・・・と。

ACアダプタも売っていました(3,500円)が、19V-2.64AならNECのACと同じ定格なので、
千石通商で
・3芯小型電源プラグ(PIN込みで270円)
・ケーブル付2.5Φ中継プラグ(180円)
を購入し、変換プラグで対応することに。

職場について、キートップを取り外し、洗浄。見事復活しました。
メモリはその日の相棒COMPAQ Armada M300から取り外した16枚チップ256MB(メモリ
チップはMicron製の、ちょっと高価なやつ)をあてがい、HDDは職場にストックしてい
るWinMeインストール済みの6GBを装着。
※このとき気づきましたが、L400、メモリの相性かなりきびしめです。
メモリの装着にあたっては、キーボード上の電源パネルを左側にずらしてはずし、極小
の4本のビスをはずしてキーボードをはずします。このとき、マザーに接続しているキー
ボード用フレキシブルケーブルが意外と短いので注意です。

動作確認はOKでした。色むらもなく、輝度が少々暗めですが実仕様には何ら影響ありま
せんでした。

帰宅後にWindows2000を導入。
Dellはドライバのほとんどが自社サイトからダウンロードできるので、Junkerには非常に
ありがたいメーカーです。

バッテリは標準4セル品がついていましたが、BIOSにて「バッテリラーニング」(充放電を
繰り返し、バッテリ容量を校正する機能)を実施したところ、かなりへたっている様子。
まぁ、そのうちヤフオクで探すことにしよう。
※といって入手したのが、以前のブログ「バッテリから割」に登場したバッテリです。
 バッテリに関してはそちらをご覧下さい。

使用感ですが、メモリを256MBにすればストレスはほとんど感じません。キーボードもタッ
チパッドも無難なつくりです。タッチパッドはユーティリティを入れることでかな
り便利に操作できます。
サイズ的にはモバイル向けですが、本体がちょっと重く感じるかも(約1.6Kg)。
HDDにはIBM TravelStarの6GBを入れていますが、起動時にカチャンカチャンと少々激
しい音がします。HDDがイカれてるのか、それとも仕様なのか・・・。
新しいHDDなんですけどね。

ベゼルの細い液晶と、ガンメタリックの筐体がカッコイイPCです。
OEM供給と思われるGateWay Solo3300と比較すると、いかにもビジネス用って感じですね。

<豆電池-その1->
しばらく使っていて不思議に思っていたのですが、内蔵時計がハンパじゃなく遅れてしまい
ます。キーボード下のバックアップ用ニッケル水素豆電池が原因かなと思っています。
機体の形がほとんど同じGateWayのSolo3300では、ニッケル水素豆電池の他にコイン電池
も搭載しています。そのため、基板レイアウトも異なっています。
LatitudeL400はSoloのようなコイン電池を搭載してないので、豆電池が原因と特定でき
そうなのですが・・・。

東芝のノートPCでは、このような豆電池を内蔵している場合、その充電には、
・本体の電源がONの状態の時のみ充電する。
・満充電まで48時間かかる。
(DynaBook SS-R590取扱説明書より)
らしいです。
そのため、試しにパワーマネジメントの設定をスタンバイ・休止状態をしないようにして、
スクリーンセーバーを設定し、電源を付けっぱなしで放置してみました。

だったら、OEMのSoloの豆電池をL400につけてみれば?という話も出てきそうなんですが、
豆電池の形が違うのです。
Solo3300は6個のボタン電池を平べったく配置。
L400は3個直列の薄型ボタン電池を2段がさねにして配置。
基板のレイアウト上、Soloの豆電池はL400に入らないのです。くぅ~っ。

<豆電池-その2->
電源つけっぱなしで放置していたL400を、電源OFFにして1日置きました。
再度起動してみました・・・まるでダメでした。実際の時間より21時間も遅れていました。
豆電池の電圧は、定格7.2Vに対して1.2V。ダメダメだぁ~。
さてさて、本格的に対策を考えないといけないです。
※L400ですが、バックアップ用豆電池が死んでしまう報告がネット上に多々上がっています。
 もしかするとなにか問題があるのかもしれませんね。

秋葉原で購入してみた7.2Vの豆電池は、大きすぎて入りませんでした。
どうしたもんかなぁ・・・と悩みました。

その1か月後。
頭の上で豆電球が光りました。
ニッケル水素電池ではなく、リチウムイオン電池ならだめかしら・・・?
リチウムイオンのバックアップ電池なら充電もOKですし、薄いので今のスペースにも収まり
そう・・・。
電圧はどうする・・・・・2個直列で6Vしかないけど、やってみるか!

ということで、自作豆電池を製作しました(写真がないな・・・)。
元は中古のバックアップ用3連コイン電池(200円)で、これを一つずつに切り離し、二つを
直列接続にして6Vの電池を作りました。
※当初、表裏それぞれハンダ付けしてしまい(いわゆる閉回路ですね)、テスターで計って
も電圧が出なくておかしい・・・とパニックになってしまいました。あやうく電池がイカれてしま
うところでした。
さて、自己責任覚悟で装着!
いつもどおりチョットだけ使い、数日放置・・・。

数日後。
起動です。どうなってるかな・・・・バッチシOKでした。
時間も遅れませんし、日付も忘れません。ヤッタ!

ということで、無事まともに使えるP3-700ノートが出来上がりました・・・ふぅ。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

Kazuhisa

キーボードが使用できなくなり中を開けたかったのです、マニュアルが無く、大変参考になりました。
又CMOSバックアップ電池の記事も参考になりました。
by Kazuhisa (2005-10-19 19:51) 

pc_sugi

お役に立てて光栄です。

CMOSバックアップ電池は、ネット検索によると交換しても「電池が死ぬ」こと
が結構報告されていますのでご注意くださいませ。

今後ともよろしくです~。
by pc_sugi (2005-10-20 12:30) 

INA

はじめまして。イナガキと申します。

ホームページを拝見させていただきました。



最近、DELLの「latitude L400」をオークションで落札したのですが

外付けFDDもCDもありませんでした。

OSをインストールしたいのですが貴方の知恵をお借りしたくメール

させていただきました。USB端子はあるので現在、店で売っているような

純正品外の外付けCDをつないだりしてインストールできるのでしょうか?



どうか助け船を出してください。返信お待ちしております。
by INA (2006-10-10 21:40) 

pc_sugi

イナガキさん、はじめまして。今後ともよろしくです。

さて、お問い合わせの件ですが、うーん、これはかなり難しいですよ。
USB端子にCD-ROMドライブを接続しても、そこから起動させることはできなかっ
たはずです。

L400に何のOSを入れるか・・・というのも重要なのですけど。

どうしてもインストールしたいというのであれば、L400からHDDを取り出し、
別PCに接続して途中までセットアップをすすめて・・・という方法もないことは
ないのですが(もちろん、正規のライセンスは必要ですよ!)、当方はあまり
お勧めしません。インストール後の安定稼動が期待できない場合があります
ので。

一番のおすすめはやはり純正の外付けドライブを購入することですが、当方は
純正外付けFDD+社外品のPCカード経由のCD-ROMドライブ
を使い、自分で作成した「スペシャル起動ディスク」(FDから起動して社外品
のPCカード経由のCD-ROMドライブを認識できるもの)にてOSのインストール
を行いました。
「スペシャル起動ディスク」は、Windows95の起動ディスクをベースに、Config.sys
やAutoexec.batにPCカードソケットのイネーブラやCD-ROMドライブ用のドライ
バを組み込んだものです。
ドライバの組み方によっては、FDから起動してUSB-CD-ROMドライブを認識
できるようにすることもできます。

純正FDDはそれほど高くありませんから、今のうちに購入しておいた方がいい
と思いますよ。BIOS更新などでも利用できますので。
by pc_sugi (2006-10-11 00:29) 

イナガキ

ご指導ありがとうございました。まずは、純正FDDを探したいと思います。
正直言いますと、わたしはL400を落札したときに、すべてが動くものと思い込んでいました。しかし、箱を開けてみたら、上級者向けの品物でした!!
これからも色々と助けていただきたいのでよろしくお願いします。
さっそくですが、純正FDDはL400専用の物じゃないといけないのでしょうか?たとえば「latitude Cシリーズ」物で代用とかできないのでしょうか?
by イナガキ (2006-10-11 21:27) 

pc_sugi

当方は、パラレルケーブルと専用インターフェースケーブルの2本を持っていま
して、通常は専用インターフェースケーブルとFDDを接続して使っています。
今回のお問い合わせより、試しにパラレルケーブルで接続して試してみました。
結果はFDからの起動はOKでした。

当方の外付けFDDはPH-071PXHであり、ヤフオクなどで見ると
Latitude Cシリーズ用FDD
として出品されているようです。

それにしても安いですね~。
即決780円というのもありますよ・・・。
by pc_sugi (2006-10-12 02:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。